クチコミは自分で起こす「販促」です!

販促豆まき

「良いお店(商品)だから
勝手にクチコミがね・・・・。
何もしていないんですよ。」

商売をやっている人なら誰でも羨ましいセリフですね。あなたも言っているのを聞いたことがあるかもしれません。

しかし!!!

これを真に受けてはいけません!!!!!

まだ世の中、「良い商品なら勝手にクチコミが広がる」「リピートしてもらえる」と思っている方が多いですが・・・・厳しいことを言えば、幻想と思った方がいいでしょう。

「勝手にクチコミが広がる」という現象が起こるのは、「めちゃくちゃ良い商品」「めちゃくちゃ良いエピソード」「めちゃくちゃ社会性がある」などといった一部の天才的商品だけです。

「ちょっといい」くらいではクチコミは広がりません。

 

じゃ、無理なのか??

 

いいえ、「クチコミを起こす」ことは可能です。「クチコミは販促」です。しっかり施策をして、自然発生を夢見るのではなく、ご自身で起こしましょう。

周りで「ちょっといい」商品で、クチコミ・紹介でお客様が来ているという方は無意識にこの「クチコミ販促」をしています。

これをあなたは意識して行いましょう。

今日は実際に、
0T1A4595
・駅から徒歩15分。
・駐車場なし。
・看板も出せない
・目の前が畑
・平日昼間4時間だけの営業

 

という自慢できるくらいの悪条件カフェに紹介とクチコミだけで月103名来店していただいた実際の販促について解説します!どれも簡単に、しかもお金をほとんどかけずに出来ることばかりですよ。

クチコミはなぜ起こる?なにを話す?

a0001_017628スマホの普及+SNSの発達

この2つのおかげで、今クチコミは起こしやすい条件がそろっています。フェイスブックはとくに「クチコミ」の代表格ですよね。

facebookなどで紹介してもらうためにはどうしたらいいでしょうか?

そもそも、日々の投稿はどんなものがあるでしょうか?

「今日はここでランチ!」
「友達と久しぶりに会いました。」
「家族と出かけました」
「ブログ書きました」
「イベントやります」

こんなことありました、こんなところに行きました、こんなことしました・・・・こういう投稿が多くを占めていますよね。

たまに「このお店素敵なのでぜひ!」なんてあるかもしれませんが・・・あまり見かけません。そう、ほとんどの投稿が「自分のこと」なんです。

だから、あなたのお店のことを「自分のこと」になるようにすればいいということです。

どういうことか?

「自分のこと」というのは「自分が経験したこと」「自分の感情が動いたこと」です。

そういったことを店側が仕掛ければいいということです。

 

クチコミを起こ3つの必須要素

お客様に「経験」「感動」してもらって、クチコミにつなげるために3つの要素が必要です。

①話題(きっかけ、理由)
②感動(気持ちが動く)
③アイテム(写真を撮りたくなる、もしくは手元に残る実物)

まず「①話題」これはもう、当たり前ですね。お客様が人に話したくなる話題ってなんでしょう?それは詳しく次でも解説しますね。

次に「②感動」。やっぱり驚いた、嬉しかった、残念だった、美味しかった、などなど気持ちが大きく動くことで誰かに話したくなります。

最後に「③アイテム」これはなんとなくわかりますよね、感動しても忘れてしまいます。いまはみんな気軽にスマホで写真を撮るし、すぐにSNSで誰にかに伝えることだできます。思わず写真を撮りたくなる、もしくは思い出せるようなアイテムがあればなおよし!ですね。

さて、この3つの要素をどうすればいいのか?次に詳しく解説します。

 

話したくなる4つの理由

0f6591c11f47db549022d3451009ee3a_m

感動とか経験とか、アイテムとか・・・・なんか難しそう。そんな風に思うかもしれませんが、大丈夫!

人が誰かに話したくなる理由は大きく4つだけです。この理由を意識して作ってみましょう。

理由1)知ってほしい

自分がどこで、何をしているか、知ってほしい、認めてほしい。という理由

 

理由2)ほめてほしい

認めてほしいと近いですが、うまくできた、かわいくできた、なんてことはやっぱり言いたくなる理由ですね。

 

理由3)共感してほしい

感動したことは誰かと分け合いたい、共感したい。という理由

 

理由4)役立ちたい

ちょっと少ない理由ですが、やはり人間は「誰かに役に立ちたい」という他者貢献の欲求があります。「これ、良かったよ」「おすすめだよ」と誰かの役に立つと思うと話したくなります。

 

クチコミ販促実例

わかった、でも具体的にどうすればいいの?ってことで、私も実際にやっていることをご紹介しますね。

①写真を撮りたくなる!

販促豆まき

これが一番、やりやすいし、SNSでの拡散や話題になりやすいです。うちの場合は2月は店で豆まきをしました。かなり気合の入った鬼がランチを終えた店内に登場。予めお子様に豆を配ったけどギャン泣きする子、続出。お母さんたちは大笑いしてギャン泣きするお子様を撮影。

後日、「そういえば、こないだいったカフェで豆まきしたけど、うちの子ギャン泣きで!!」と話題になりますし、笑える画像を誰かに見せたいですよね。

 

ほかにもキッズランチを写真に撮ってくれたり、おひなまつりは貸衣装を店に置いて記念撮影してもらいました。

販促イベント衣装

 

こういった感じで写真を撮ってもらう機会を店内で作るというのが一番確実で簡単ですね。

 

②感動アイテム

販促お礼状

思いがけず、というのが特に感動するものです。

うちのお店では手書きのお礼状を書きます。また、お誕生日には手書きのお祝いDMを送ります。それはお子様の誕生日はもちろんですが、お母様ご本人のお誕生日にも送るんです。

母親になると自分の誕生日は忘れがち。それをお店から改めてお祝いDMが来て、さらにはプレゼントもあります。

このプレゼントも高価なものではありませんが、北欧雑貨のお店にいって1点ずつ選んできたものです。こういった思いがけないタイミング、そして気持ちがこもったものというのはクチコミのきっかけとなります。

販促お誕生日プレゼント

まずはコンセプトを文章化したショップカードでも構いません。クチコミのきっかけとなるツールをたくさん用意しましょう。

時間のかかるものですが、効果は絶大です。

ぜひ、あなたの気持ちをのせて考えてみてください。

あなたのお店がクチコミでいっぱいになりますように!

ありがとうございました!

無料メールセミナー:7日間でわかる!サロン教室シンプル集客のしくみ

 


資金ゼロ、顧客ゼロ、子ども1歳のときに起業し、
友人に500円で教えることから始めた私が
3人の子育てをしながら平日昼間だけで
店舗を経営して1746人以上集客できたのか?


あなたの商品の魅力を発見し商品つくりから
集客までを7日間のステップで解説しました。


<講座内容>


■あなたのサロン・教室の魅力を発掘する質問
■あなたのサロン・教室に理想のお客様を集める方法
■サロン・教室のインターネット集客に必要な3つを手に入れる方法
■サロン・教室の集客設計図の作り方


<この無料メールセミナーを受けていただくと・・・>
「集客のしくみ」を手に入れる方法がわかります。
集客の仕組みが手に入ると大きなメリットが4つあります。


①仕組みをつくる過程であなたの商品の強みが改めてわかる
②新規の集客に追われることがなくなる
③ホームページやブログなどバラバラだったものがまとまるので
作業量も減り、効果が上がる
④「集客のしくみ」は原理原則に基づくので、ほかの商品に応用できる


 


無料メールセミナーを申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*