5分で出来る!ブログ集客やっておきたい9つの設定

守りアイコン

お客様に役立つ記事を書いているのに検索結果に表示されないんですけど!!!

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_m

という方のための自分で出来る仕組み、「SEO内部対策」についてです。

たびたびお伝えしていますが、いまグーグルの検索エンジンは非常に優秀になりユーザーが求めている良質な情報(コンテンツ)が正統に評価されるようになりました。

これは本当に嬉しいこと!

ただ、一生懸命書いた記事もちょっとした設定をしておくだけでよりお客様に届きやすくする方法があります。

その中から自分で5分で出来ちゃう9つの設定をご紹介します。ぜひ一つでもやってみてください。

テクニックを使う大前提

まずはじめに・・・・
今日ご紹介するテクニックは
「よい記事がある」
ということが前提です!

良い記事って「良いことが書いてある」って意味じゃないです・・・・

 

質問:人は常に何を考えて生きているか?

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_m

答え:自分のこと

あのですね~
身も蓋もない言い方ですが

人って「自分のこと」を考えています。いいとか悪いとかじゃなく、そういうものですよね。

あなたが何をやりたいか?はお客様に一切関係ない話なんです。お客様が考えているのは「自分に何をしてくれるのか?」ってことなんです。

だから、「よい記事」って「お客様が知りたいこと、メリットのある記事」が良い記事ってことです。

「私に出来るかな?」
「書けるかな?」
じゃないです。

お客様が必要としていたら、やるんです(笑)出来る範囲のことだけで考えていたら出来ません。

あなたのブログやHPの検索順位が決まる流れ

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

今回ご紹介する「設定」は「検索結果に反映されやすくする仕組み」という意味です。

せっかく書いた記事です。最大限、検索結果に反映されれば自然と検索結果の上位に入ります。「SEOの内部対策」と言われる、自分で出来る対策です。

その対策をする前に、どうやって検索の順位が決まるのか?について少しだけ解説しますね。

【ステップ1】
(クロウラーの巡回)

守りアイコン

グーグルのロボット(クロウラー)がネットの世界をウロウロと見回りしています。

そして、あなたのサイトの
中身をチェックしにくる

【ステップ2】
(ページのインデックス)

読む人

あなたのサイトの中身、
情報を読み込む

【ステップ3】
(ランキングエンジンの評価)

順位

持ち帰った情報を
ルールにそって評価されて
順位決定!

 

という以上、3ステップです

【ステップ3】の対策は

見出しとか写真を
効果的に正しく使って

良い記事を書くこと
以外にないです。

記事の書き方については「アクセスを最大化するサロン・教室のブログ書き方」を参考にしてください。

で、今回は

【ステップ1】
【ステップ2】

について出来ることを
お伝えします。

やるべきことはたったの2つだけ

シンプルです。とにかくあなたのサイトへ検索エンジンのロボット(クロウラー)を呼び込む。

そして、サイトにあるたくさんの情報を正しく持って帰ってもらう。

そう、この「正しく」
っていうのが味噌!!!

では、具体的に見ていきましょう

回ってもらう(クロウラーの巡回頻度をあげる)設定

守りアイコン

これにも2つポイントがあります。

①サイトに来てもらう
②サイトの中を廻りやすくする

では、先に①からです。

来てもらう

入口アイコン

クロウラーが来る道は2つしかありません。

通り道その1)Googleに提供したサイトマップを通じて

通り道その2)既にインデックスされているサイトからのリンクを通じて

サイトマップを通じて

立ち上げたばかりのサイトはもちろん、記事ページなど階層が下にあるとなかなかクロウラーが巡回してくれません。

その時に「サイト更新したから見に来て!」とこちらからグーグルにメッセージを送ることができます。

すごく簡単なので、やってみましょう。

①Googleウェブマスターツールにログイン
*グーグルのアカウント、gmeilを持っていれば入れます。

サイトマップ1

 ②「ダッシュボード」→「クロール」→「サイトマップ」

サイトマップ

 

③「サイトマップの追加」をクリック

サイトマップ2

③サイトマップのURLを入力

サイトマップ3

ここにしてサイトマップのURLを入力
「サイトマップを送信」をクリック!

WordPressなら「Google XML Sitemaps」という
プラグインをインストールして

「有効化」した後に、「sitemap.xml」と入力すればOK!

更新するたびに、送りたいサイトマップを選択して「再送信」を押せば大丈夫です。

WordPressの「Google XML Sitemaps」を使っているなら加筆修正するたびに、自動的に送信してくれるので何もしなくて大丈夫です(^_^)

便利ですね~

「え・・・サイトマップちょっと面倒かも・・・」

はい、では次の「リンクを貼る」だけでもやりましょう!

リンクをはる

086363

これは別でサイトを持っている場合、優良で実質のあるサイトや自分のサイトがあればリンクをはりましょう。

リンクを通じてきてくれます。

「リンクを貼る」というのは「SEO外部対策」といって、「外部からリンクを貼られている=重要なサイトなんだな」となり、サイトの評価を上げる効果もありますが実はクロウラーの通り道にもなるんです。

 サイトの中を廻りやすくする

すごく沢山あるんですけど・・・・ここではすぐできる方法をまず紹介しますね。

関連記事、関連ページへリンクを貼る(内部リンク)

一度、サイトにクロウラーが来てくれれば、内部のリンクを通じて他のページも廻ってくれます。

過去の関連記事にリンクをはる。

ある程度、記事が貯まってきたらカテゴリーごとにまとめて一つのページを作ってそこから移動できるようにする。

お客様も見やすいですし、クロウラーもサイト内を巡回しやすいので、より多くの情報をインデックスしてくれます。

内部リンクを分かりやすくする

関連記事にリンクをはるとき、「つづきはこちら」「詳細はこちら」「ページURL」とかは勿体ないですよ!

ちゃんとリンク先の内容がわかるようにしましょう。たとえばこの記事の最初の方にもありました

↓↓↓↓

記事の書き方については「アクセスを最大化するサロン・教室のブログ書き方」を参考にしてください。

こういった感じです。で、これもやたらめったら貼るのではなくて、本当にユーザーが合わせて読むといいよ!っていうものだけに限定しましょう。

シンプルな構造にする

「トップページ」

→「カテゴリーページ」

→「ブログ記事」

はい、ここまで!!!

構造はこれくらいしましょう!

階層が深いとクロウらーが来てくれません。トップページから2クリックで行ける範囲までにしましょう。ユーザーにとっても分かりやすいです。

拾ってもらう(適切なインデックスを目指す)設定

読む人

グーグルのロボットに来てもらって回ってもらったら・・・・次はあなたのサイトの情報を正しく拾ってもらうための設定です。

キーワードを一つに絞る

1ぺーじにつき対策したいキーワードはひとつです。「たるみ改善」について書くなら「たるみ改善」だけを意識して書いてください。

いくつもキーワードを詰め込むとクロウラーが「専門性がひくいな・・・・」と評価してしまいます。

逆に、まったくキーワードがない!というのも避けましょう。これ、よくあるんですけどキーワードを全く意識していないという勿体ないことがあります。

ぜひ、キーワードは1つ意識して書きましょう。「今日はなに書こうかな~」ではなく、最初にキーワードを洗い出して攻略マップにしておくと非常に楽チンですよ(^_^)

 キーワード設定に関してはこちらの記事を参考にどうぞ「キーワード読解力~効果的なブログ集客のための第1歩」

ページタイトルを正しく設定する

これは2つあります。

まず、タイトルにそのページで対策しているキーワードを必ず入れてください。

次に、「見出しタグ」です。タイトル記事にちゃんと「h1」タグをつかいましょう。

ワードプレスの方なら大丈夫です。自然と使われています。

文中の「見出し」を正しく使う

「文中の見出し」使っていますか?ちゃんと見出しがあると読みやすいです。ぜひ使いましょう。

しかし、その「見出し」もただ「文字を装飾する」ではなく、タグを使いましょう!ワードプレスは「段落」というのがありますので、見出しをつけるときは「フォントサイズ」ではなく「段落」を使ってください。

それも・・・・見出しサイズは順番を守って使います。

たとえば・・・記事タイトルで見出しタグ「h1」を使っているから文中は「h2」「h3」「h4」となりますが・・・

h2のあとにh5、のあとにh3、とか不規則に使わないようにしましょう。

ちゃんと大見出しがあって、中見出し、小見出し、というように使います。

クロウラーは「タグ」が使われているのは重要な部分だと認識しています。そこにキーワードが無かったり大きさの順番が違うと混乱してしまいます。

画像にファイル名をつける

これ、実はすごく重要!いまから全部やると大変だったら今後使う画像をちゃんと名前をつけて使ってください。

この画像ファイル名も検索結果に影響してきます。

 

テクニックを活かすなら素材が必須

いかがだったでしょうか?これはごく一部ですが、すぐ出来るものをご紹介してみました。

タイトルにキーワードいれるとか、リンクをはるとか、画像にファイル名を意識して付けるとか、ちょっとしたことで検索結果に反映されます。

しかし・・・・何度もお伝えしますが、これは良い記事、内容があってこそのテクニックとなります。

まずは記事を書くことに集中してみてください。

そして、頑張った記事がなるべく多くのお客様に届くように、ぜひ今回の設定をしてみてくださいね。

 

無料ダウンロード:集客からリピートまでの全ツール

 


サロン・教室、店舗など場所が決まっている
ビジネスなら必須アイテム「チラシ」そして、体験レッスン当日に書いていただくカルテ、チケット、後日お出ししているフォローDMの原稿


実際に私が使っているツールをプレゼントします。


<ダウンロードツール>


・新規集客チラシ両面
・カルテ
・フォローDM
・レッスンチケット


文章はもちろん、色やデザイン、画像の使い方など参考になれば幸いです。


ダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*