「集客」が楽になる方法(おすすめ図書)

セールスおすすめ図書

「集客って大変・・・・」

「集客って苦しい・・・」

そんな風に感じていませんか?

それはもしかして「集客」を
セールスマンのするような「営業」と思ってるからかも。

買う気のない人の家にいきなり「ピンポン」して
商品を説明して・・・・それは確かに大変!

「営業」と「集客」は違います。

集客は買う気のない人をその気にさせるのではなく
買いたいと思っている人を連れてくることです。

あるたった一つのものがあれば、
実は簡単に売ることができるのです。

集客はラクという理由
f410e1c0c8a651014b4e6a7e577d2920_m

冒頭にも書いたのですが、「集客が大変」と思っている方は
「欲しいと思っている人」に届けていないだけのことが多いです。

ブログを毎日更新したり
Facebookで毎日「いいね」したり
チラシを配ったり
広告を出したり

それらの集客方法が間違っている
というわけではありません。

「欲しいと思っている人」に届いていない

それだけなんです。

欲しいと思っていない人に売ろうとしているので
ブログ書いても
Facebookしても
チラシまいても
反応がない。

やっぱり集客って大変だ・・・・・
となっているのです。

じゃ、自分の商品を欲しいと思う人はどこにいるのか?
それは「商品そのもの」ではないってことです。

集客の基礎考えるおすすめ図書

集客で苦労している人は「商品そのもの」を売ろうとしています。

エステの施術を売ろうとする
整体の施術、ヨガレッスン・・・・・

いかに良い施術か?すばらしいレッスンか?

そればかりを言っています。
でも、お客様がほしいものではないのです。

お客様は施術やレッスンそのものではなく
「自分の欲求を満たしてくれるもの」がほしいのです。

 

集客に苦労している方は
「エステ」を欲しいと思う人探しているので
苦労しているんです。

たしかに、
自分の欲求を満たしてくれる
商品は「エステ」だよね!
a0002_005740

と思っている人ばっかりなら楽チンなのですが

「綺麗になりたい」けど、
どんな方法がいいのかな?

a0002_005733

と思っている人に「エステ」という商品を
ポンと置いても「え・・?だからなに?」となります。

 

認知度、理解度の低い商品なら
なおさら難しいでしょう。

たとえばピラティスはヨガよりも認知度・理解度が低いので
いまだに「ピラティスって身体硬くてもできますか?」
という状態です。

こういった方にピラティスそのものを売っても
売れません。

そうではなく、ピラティスをすることで得られるものを
売る必要があります。

おすすめ図書

このことについてより分かりやすく
詳しく解説しているのがこちら

セールスおすすめ図書

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」 寺本隆裕 著

これはセールスライター向けの本ですが、
マーケティングにおける顧客心理について
分かりやすく解説しています!

ものすっごくおすすめです。
今日は抜粋して「売れる商品」について解説します。

売れるコンセプトはこれ

商品そのものを売るのではなく、
商品を得た後にどんな欲求を満たすのか?

結局、ここを伝えればいいいだけです。

「商品がなにか?ということの前に
お客さんという人間について考えることからスタートすべきだと分かります

誰に売るのか、その人はどんな欲求をもっているのか。」
*「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」より抜粋

だから、結局どういうこと???
それを分かりやすく解説しています。

「欲求を考える際に覚えておいてほしいことがあります。
それは「人間はとても怠け者」であるということです。

誰でも、すぐに結果がほしい。
できれば何の努力もせず、時間をかけず、
お金をかけずに結果がほしいのです。

だからそういった商品があれば確実に売れます。

そんな商品はあるのでしょうか?

あるとすれば、それは「魔法の薬」です。
(もちろん比喩的な意味も含んでいます)

でも、魔法の薬だけでは売れるとは限りません。
もう一つ必要なものがあります。

それは「証拠」です。
*「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」より抜粋

そう、「魔法の薬」は絶対に売れます。

一晩で「しみ」が消える薬があります。
証拠として実験に飲んで、24時間動画を撮り続けて

24時間後に「しみ」が消えていたら?
それ、買いますよね

あ、怪しいと思いました?
(^_^;)

だますってことじゃないですよ!!!!

何が言いたいかっていうと、
お客様は成分とか理屈とか
みていないんです。

エステもきちんと
理論・理屈・理由があると思いますが
お客様からみたら「魔法」なんです。

「魔法」だから説明されても分かりません。

「魔法」のままでもいいんです。

「証拠」さえあれば。

あなたが伝えるのは「魔法の薬+証拠」これだけです。

私もクライアントさんのために
セールスコピーを書きますが、
結局はこの「魔法の薬+証拠」を言葉にしているだけです。

魔法の薬の伝え方

0f6591c11f47db549022d3451009ee3a_m

お客様がどこまで知識があるのか?
それも大きいです。

たとえば
「美白にはビタミンEが良い」という知識が
お客様にあれば

「ビタミンE配合」で十分通じるでしょう。

でも、「美白にビタミンEが良い」という知識がない人からみれば
「だから、なんじゃ??」となるわけです。

ここでくどくどビタミンEの説明をしても読んでくれません。

でも、みんな「ビタミンEがいかにたくさんあるか?」ばかり言っています。
そうではなく、

「飲むだけでシミが薄くなる薬」と伝えてから、
お客様の声、ビタミンEのこと、などを
証拠として伝えるだけです。

お客様がわにどういった認識があるのか?
どれだけ理解しているのか?
また、どんな誤解をしているのか?

これを知る必要があります。

 

まとめ

お客様は誰で、どんな欲求を持っているのでしょうか?

あなたの商品は何を叶えてくれる魔法の薬でしょうか?
その証拠はなんでしょうか?

これだけを考えてみてください。

魔法の成分は聞いていないんです。

何に効くのか?
その証拠は?

これだけ。

ぜひあなたは何を売っているのか?考えてみてください。

無料ダウンロード:集客からリピートまでの全ツール

 


サロン・教室、店舗など場所が決まっている
ビジネスなら必須アイテム「チラシ」そして、体験レッスン当日に書いていただくカルテ、チケット、後日お出ししているフォローDMの原稿


実際に私が使っているツールをプレゼントします。


<ダウンロードツール>


・新規集客チラシ両面
・カルテ
・フォローDM
・レッスンチケット


文章はもちろん、色やデザイン、画像の使い方など参考になれば幸いです。


ダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*