方向性、間違ってる?1分で診断!ブログ無料チェックツール

ブログ診断2SEOチェキ

あなたのブログは売り上げに繋がってますか?

ブログ集客は時間がかかります。1記事2000文字くらい週3~4回を約3か月かけてやっと結果が分かります。

私は立ち上げ当初、ど根性で毎日書いたので2か月目には売り上げがでました。

しかし!!!!そこまで書いてみて、方向性が間違ってたら???書いているだけでキーワードがちゃんと入ってなかったり、キーワードが入っていても意味が無かったりしたら・・・・

今までの努力はどうなるんか??

恐ろしや・・・・

あなたのブログが客観的に集客につながるように書けているのか?1分でチェックできる便利ツールをご紹介します。

 

サイトチェックツール

あなたのブログは検索エンジンからどういった認識を受けているのか?正式にはグーグルのツールを使う方がより具体的ですが、もっと簡単に調べる方法があります。

SEOチェキ!

ブログ診断2SEOチェキ

非常に有名なサイトです

(^_^)

上の検索窓に診断したいサイトのURLを入れてクリックするだけで、様々な情報がわかります。

基本チェック項目

  • title
    ・meta description
    ・meta keywords
    ・h1タグ
  • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  • 最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
  • Googleページランク・Alexaランキング
  • Google・Yahoo!の被リンク数・インデックス数
  • 利用ホスト
  • ドメインの登録年月日
  • Yahoo!カテゴリ等、各ディレクトリの登録状況
  • Twitterのツイート数
  • Facebookの「いいね!」の数
  • ソーシャルブックマーク登録数

追加チェック項目

  • 検索順位
  • キーワード出現頻度
  • ページランク偽装チェック
  • 発リンク一覧
  • 被リンク元のページランク・Yahooカテゴリー登録
  • Whois情報
  • HTTPヘッダ情報

これだけあると、もう面倒ですよね(^_^;)

だいじょうぶです、まずは3つだけ見てください。

ブログ・ホームページ診断チェックポイント

いろいろありますが、特に大事なのは色をつけた項目。さらに修正できるのが、この3つの項目です。

・タイトル(サイトのタイトル)
・説明(サイト説明文)
・キーワード出現頻度

これは自分がどう設定しているか?よりも、「検索エンジンから見てどう認識されているか?」ということです。

*もっと正式に改善ポイントを知りたい場合は「search console(ウェブマスターツール)」を利用してください。

特にアメブロはこちらが認識していない部分をひっぱられています。

この結果を見ながら、意図と違っている部分は修正しましましょう。

キーワード出現頻度も自分がちゃんと意識して書けているか?見るのにとても便利ですよ。

ホームページ、ブログの大事なこと

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_m

本当に、たくさんのポイントと技術があります。すっごく簡単にいうとサイトやブログをつくるときに気を付けてほしいことは2つ。

「誰のための」
「どうなる商品・サービスか」

この2つがサイトをみて3秒でわかるかどうか?結局はこれが大事なんです。細かいテクニックはその次の話。

「誰のためのどうなるサービス・商品か?」がサイトのタイトル、サイトの説明文には必須。

さらに、サイトのタイトル・説明文できちんと狙ったキーワードが入っているかどうか?はクリック率にも関わるし、広告を出している方は品質ランクに関わる非常に重要なポイントです。

単純にどうしてか?

こちらが「藤沢 整体」で検索した結果の画像

ブログ診断

遠目にみえると分かりますか?
「藤沢」「整体」などキーワードが入っている箇所が太字で強調されています。グーグルもユーザーが望んでいる情報を届けられるように自動的にキーワードを太字にしてくれます。

もちろん、検索結果に大きく関係するし、ユーザーがスマホの場合は、特にこの太字に目がいきます。なのでクリックされやすい。

広告を使う場合も同じです。広告に関しては長くなるので、またの機会にしますね。

このように、いかに「キーワードと関連性が高いサイトかどうか?」当たり前ですが、これがとても大事です。

じゃ、単純にキーワードをたくさんいれればいいのか?というと違いますよね。実際の売り上げにつながるキーワード選びのコツがあります。

結果の出るキーワードを選ぶ基準

基準はたくさん、たくさん!あるんですが、大事なこと2つだけお伝えします。

1、検索数(ニーズ)がある

2、売上への直結性

3、組み合わせは2語まで

この2つを押さえられたらほぼ、負けなし。ちょっと解説しましょう。

結果の出るキーワード選び①検索数がある

これ、たびたびお伝えしているんですがある程度検索数のあるキーワードでないと対策しても意味がありません。

検索結果に表示できたとしても、平均クリック率は15%です。クリックしてサイトを訪問してくれて実際に行動を起こしてくれる(体験申込み、無料相談など)確率は平均1%。

ってことは月間検索数が1000以上ないと一人も来ません。

このあたりはキーワードプランナーでチェックしてください。

使い方はこちらです。

じゃ、検索数が多ければいいのか?違います。それが次のチェックポイント

結果の出るキーワード選び②売上への直結性

検索キーワードは大きくわけて3種類のあります

1、直接行きたいキーワード
2、しりたいキーワード
3、行動(取引)したいキーワード

「1、直接行きたいキーワード」は「アマゾン」「楽天」「ユーチューブ」などそのサイトに直接いきたくて、「指名、名指し」で検索している場合です。

最終的にはみんな、これが理想ですよね。ってことで、サロン・教室・治療院系の方は屋号が誰かとかぶっていないかチェックしてください。

名指し検索してもらえるように「覚えやすくて、他とかぶらない屋号」にしましょう。

とくに英語表記の屋号はできればカタカナがいいな・・・・。ダサくていやだ!という方はフリ仮名をきちんとふって読んでもらいましょうね。

「2、知りたいキーワード」は「腰痛 原因」「結婚式 マナー」などユーザーがノウハウなどを知るために検索している疑問・悩みのキーワードです。

これらはブログ集客に向いているキーワードです。

「3、行動(取引)したいキーワード」は「エステ 料金」「マッサージ 藤沢(地名)」などユーザーが何らかの行動や取引をしようと思っているキーワードです。

これらのキーワードはホームページに向いていますね。

当然、申込み率が高いキーワードはこの「行動キーワード」です。

いかに、自分のビジネスの行動キーワードを見つけるか?がポイントとなります。

ココで間違えないように選びましょう。

結果の出るキーワード選び③組み合わせは2語まで

さて、キーワードが見つかった!

でも、ここで欲張りすぎず2語までにしましょう。

「藤沢 整体」ってことです。

「藤沢 ダイエット マッサージ」など3語はいまほとんど検索されません。

スマホユーザーが増えたこともあり、3語まで入れる人はよっぽどです。ほとんどの人が2語くらいまでしか検索していません。

なので対策キーワードの組み合わせも2語までにしましょう

 

まとめ

まずは、

1、現状を確かめてみましょう。

まだサイトやブログを持っていない方はユーザーになりきって検索をしてみます。検索結果の上位のライバルサイトを調べてみましょう。

サイトタイトル、サイトの説明文にちゃんとキーワードが入っているか見ましょう

2、キーワードを選びなおす

現状のキーワードは売り上げに直結するのか?

きちんと選びます。

3、サイトタイトル・説明文に入れる

この2か所だけは押さえておきましょう。

ブログ記事はちょっとキーワードを意識するだけで、対策できている記事が書けます。

あまり意識しすぎたり、数を不自然に入れすぎたりすると読みづらいし、ペナルティを受けますので気をつけましょうね。

あくまで、ちょっと意識して書く。これくらいで大丈夫です。

ぜひ、見直してやってみてください

(^_^)

無料ダウンロード:集客からリピートまでの全ツール

 


サロン・教室、店舗など場所が決まっている
ビジネスなら必須アイテム「チラシ」そして、体験レッスン当日に書いていただくカルテ、チケット、後日お出ししているフォローDMの原稿


実際に私が使っているツールをプレゼントします。


<ダウンロードツール>


・新規集客チラシ両面
・カルテ
・フォローDM
・レッスンチケット


文章はもちろん、色やデザイン、画像の使い方など参考になれば幸いです。


ダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*