All inOneSEO Pack設定方法と使い方

All in One SEO Pack をインストールすると、

左メニューに「All in One SEO」という項目が追加されます。

カーソルを合わせると「General Settings」が表示されるのでクリック

ここで、できることは以下の9つ。

  1. トップページのタイトルとメタタグの設定
  2. メタキーワードに関する詳細設定
  3. 検索結果に表示するタイトルの設定
  4. カスタム投稿用の設定
  5. ディスプレイの設定
  6. ウェブマスターツールの認証
  7. Google+との連携とアナリティクスの設定
  8. noindex の設定
  9. 高度な設定

 

1−1−1.トップページのタイトルとメタタグの設定

最初に行うのは、トップページのタイトルとメタタグ(ディスクリプションとキーワード)の設定。
ここで設定するタイトルとメタディスクリプションは、
検索結果に表示されるので、とても重要です。

*まず一般設定のサイトキャッチフレーズを削除しておいてください。

 

これらは、「Home Page Settings」の部分で編集することができます。

home-page-settings

 

1−1−2.メタキーワードに関する詳細設定

次に、メタキーワードに関する詳細設定 ( Keyword Settings ) 。

ここでは、下図のように「Use Keywords」にチェックを入れ、以下のチェックボックスのチェックは全て外しておこう。

keyword-settings

「Use Keywords」を「利用」にチェックを入れないと
ページごとの SEO キーワード設定ができなくなること。
また、「Use Keywords」以外のボックスにチェックを入れたままにしていると、各記事のメタキーワードが自動生成されてしまう。

図の通りに設定しておけば問題ありません。

1記事1キーワードでコンテンツSEOを行っています。そのため、作成するコンテンツのメタキーワードは、後ほどご説明する手動入力の1つのみに絞りたい。その観点から考えると、このメタキーワードの自動生成機能は不要です。

1−1−3.検索結果に表示するタイトルの設定

次にタイトルの設定。ここは、Googleの検索結果ページに表示されるタイトルを設定するための項目です。しかし、今では、検索結果ページに表示されるタイトルは Google 側が調整するようになっています。

そのため、「利用停止」の部分にチェックを入れておきます。

title-settings

その下にある、「Capitalize Titles」と「カテゴリータイトルを大文字にする」 の部分は、日本語のブログを運用する上では特に意味もないので、好みで選んでしまってOK。

1−1−4.カスタム投稿用の設定

ここでは、WordPressの機能の一つであるカスタム投稿の SEO 設定を行います。カスタム投稿を使う予定がある方は以下のように設定しておこう。

custom-post-type-settings

このように設定しておくと、カスタム投稿機能を使ってコンテンツを作る時も、通常の投稿と同じように、一つ一つのページに個別の SEO 設定を行えるようになる。

” Custom titles “は『1−1−3.検索結果に表示するタイトルの設定』でお話した、Google の検索結果に表示するタイトルを設定するための項目です。今では、Google が表示タイトルを調整しているので、ここにチェックを入れる必要はありません。

注:カスタム投稿が何のことか分からないという方は、深く考えずにここの設定を飛ばしてしまっても良いです。

1−1−5.ディスプレイの設定

続いてディスプレイの設定は以下のようにやっておこう。

display-settings

“ Show Column Labels for Custom Post Types ”は、WordPressでコンテンツを作成する時にSEO設定メニューを追加するためのものです。(詳細は後述)

において、この機能は必須なので、「投稿」と「固定ページ」には必ず有効にしておきましょう。しかし、メディアやコンタクトフォームはSEOで上位表示させる必要性はないので、チェックをつけなくても良い。

“ Display Menu In Admin Bar ” と “Display Menu At the Top ” は、All in One SEO Pack のメニューを管理画面のどこに配置するのかを指定するものだ。SEOに影響するものではないので、好きに設定して構わない。

1−1−6.ウェブマスターツールの認証

次に、Googleのウェブマスターツールの認証です。

ウェブマスターツール設定

まずウェブマスターツールから必要な埋め込みタグをコピー。

上記の赤枠で囲ったタグの内、contet=”○○○○” で囲まれたアルファベットと数字の文字列を、以下のように “ Google Webmaster Tools ” の欄にコピー&ペーストしよう。

webmaster-tool

ページ上部の「設定を更新」をクリックする。これで、ウェブマスターツールでサイトの成果や課題を計測できるようになる。

※ ウェブマスターツールは、サイトやブログを運用する上で必須です。詳しい使い方はGoogleの公式ヘルプ

1−1−7.Google+との連携とアナリティクスの設定

次に、Google+ との連携のための設定だ。以下のように設定しておきましょう。

※ この設定を行うには、当然、あなた個人のGoogle+のアカウントと、Google+ページを作っておく必要があります。Google+ヘルプセンターを参考にしておこう。

Google-Settings

この設定を行うと、以前は Google の検索結果に著者情報を表示させることができましたが、現在はサポートしていません。 ただし、オーサーランクの評価に関する影響がゼロとは言い切れないため、ここは設定しておいた方が良いというところです。

 

Google+に続いて、Googleアナリティクスとも紐付けよう。

“ UA-12345678-01 ” のように、UAから始まるアナリティクスのIDを入力してから、「Connect With Google Analytics」をクリックしよう。

google-analyitcs

すると、アクセス許可を求められるので「アクセスを許可」をクリックする。

これで、Googleアナリティクスで、サイトのパフォーマンスを計測できるようになります。その他の項目は特に神経質になって設定する必要はあまりないので、気にしないでも大丈夫です。

※ Googleアナリティクスの使い方は、「アナリティクスヘルプセンター」を参考にしよう。

1−1−8.Noindexの設定

Noindexとは、Googleにインデックスさせる必要のないページに設定するものです。インデックスが不要なページに設定すると、サイト全体のクローラーの回遊性を向上させ、SEOに好影響を与えることができます。

シンプルに以下のように設定しておきましょう。

noindex-settings

カテゴリーページに関しては、人によって意見は違いますが、私はインデックスさせるべきだと考えています。

理由は2つ。

1つ目は、カテゴリーページには、投稿で作成したコンテンツから大きなリンク効果が集まるため、検索エンジンで上位表示されやすいから。2つ目は、WordPressがバージョンアップしたおかげで、カテゴリーページのコンテンツも自由に編集できるようになったから。

:コンタクトフォームは、プラグインをインストールしたら現れます。

1−1−9.高度な設定

最後にもう一つ高度な設定 (Advanced Settings)という項目があります。ヘッダーに様々な要素を追加することができますが、ほとんど使う場合はないです。

1−2.ソーシャルメディア用のタグ設定

All in One SEO Pack がアップデートされ、以前にはなかった新しい機能が追加されています。

そのうちの1つが OGP タグと Twitter カードタグなどの設定機能。これによって、「Open Graph Pro」という別のプラグインをインストールする必要はなくなりました。

 

ソーシャルメディア・タグの設定画面へのアクセス方法

All in One SEO Pack でソーシャルメディア・タグの設定します。まず左メニューから「All in One SEO → Feature Manager」の順にクリック。

*すでにソーシャルボタンが設定されているテーマを使用している場合は不要です。

次に、「Social Meta」の「Activate」をクリックする。するとSocial Metaのイラストがカラーに変わり、タグ設定機能が使用可能な状態になる。

次に、左メニューの「All in One SEO」の中に「Social Meta」が追加されているのでこれをクリック。

General Settings

ソーシャルメディア用タグの設定画面が表示されるので、それぞれ設定していきます。

1−2−1.一般設定

ここではソーシャルメディア・タグの全般の設定を行います。

Home Page Settings

設定は、「Jetpack」というプラグインは使用しません。また、メタディスクリプションは自動生成ではなく、記事ごとに行う、という内容にしています。

1−2−2.ホームページ設定

ここでは、トップページがシェアされたときの設定を行います。

Image Settings

1−2−3.画像設定

ここでは、シェアされた時にデフォルトで表示する画像を設定します。

Image Settings

基本的に記事ごとに画像設定をすると良いのだが、シェアされる時に記事の画像を表示させたくない理由がある場合、デフォルト画像を設定しておくと良いです。

1−2−4.Facebook 設定

ここでの Facebook 設定を行うことで、OGP が設定される。

OGPとは、Open Graph Protocol の略で Facebook や Google+などのソーシャルメディアで記事がシェアされた時に表示される画像や文章を指定するものです。

OGP

サイトのコンテンツがソーシャルメディアでシェアされた時に、OGP が未設定だと左の画像のように内容的に意味の分からない画像や説明文が表示されてしまう。(※ 画像は共に Facebook の例)

意図した内容を表示するためにも Facebook の設定は次の通り行うとよいです。

Facebook Settings

注:FacebookのプロフィールIDの見つけ方
プロフィールIDを知るには、“https://graph.facebook.com/○○○○○” の「○○○○○」の部分に、自分の個人Facebookのページのユーザーネーム(https://www.facebook.com/ 以後の部分)を入力して、アクセスしよう。そうすると、表示される文字の一番上にある数字が、あなたのプロフィールIDだ。

1−2−5.Twitter 設定

ここで Twitter 設定を行うことで、Twitter カードが設定される。

Twitter カードとは、OGPと似た技術で Twitter で独自に開発されたメタタグのことだ。これにより記事がシェアされた時に下の右画像のように表示される画像や文章を指定することができる。

Twitter Card

Twitter 設定は下図の通りです。

Twitter Settings

「Default Twitter Card(Twitter カードのデフォルト設定)」では、下図の3つの中から選ぶことができます。

Default Twitter Card

これは記事ごとに設定することも可能で、『2−2.ソーシャルメディア・タグ設定の使い方』で後述します。

また、「Show Twitter Author(Twitter の著者情報を表示)」にチェックを入れると、ユーザー情報画面に Twitter の入力項目が下図のように追加されます。

Twitter ID

(※ ユーザー情報にアクセスするには、管理画面の左メニューより「ユーザー → ユーザー一覧」の順にクリックする)

ここに Twitter ID を入力すると、Twitter カードに著者情報が追加される。

以上で Twitter カードの基本設定は完了ですが、指定した説明文と画像を表示するには検証ツールよりサイト申請する必要があります。

まずTwitterにログインして検証ツールにアクセスして次の画面に移動しよう。

Card validator

サイトURLを入力したら「Preview card」をクリック。まだサイトが未登録の場合は「Request approval(承認を要求する) 」ボタンが表示されるのでクリック

下図のように必要な入力項目が表示されるので入力して「Request approval 」ボタンを再びクリック。サイトが問題なければ承認されます。

Card validator

 

1−2−6.ソーシャルメディア用タグの重複チェック

ここでは、ソーシャルメディア用のタグが重複していないかをチェックすることができます。

Scan Social Meta

特に All in One SEO 以外のメタタグ設定に関するプラグインをインストールし、タグの重複がないかを調べる時に使用するものです。

All in One SEO のみでソーシャルメディア用のタグを設定していれば特に使用することはありません。

ここは設定するかしないかで、コンテンツの拡散効率が大きく左右されてしまうので、しっかりと設定しておきましょう。

1−3.XML Sitemap 機能の設定

続いてクローラーの巡回を促すXML Sitemap機能の設定です。

1−3−1.XML Sitemapとは

XML Sitemap は検索エンジンに対して、サイトの更新情報を伝え、クローラーの巡回を促すために重要なものです。

 

XML Sitemap 画面へのアクセス方法

まず、管理画面の左メニューから「All in One SEO → Feature Manager」の順にクリック。そして、OGPの設定同様に「XML Sitemaps」の「Active」をクリックするとイラストがカラーに変わり、サイトマップ機能が使える状態になります。

Feature Manager XML Sitemaps

すると、All in One SEO のメニューの中に、XML Sitemap という項目が追加されているのでこれをクリック。

XML Sitemaps

1−3−2.XML Sitemap の設定方法

XML Sitemapの基本設定画面が表示されるので、次のように設定しよう。

XML Sitemaps Settings

「Filename Prefix」はサイトマップのファイル名になるもので、デフォルトの “sitemap” のままでOK。 「Enable Sitemap Indexes」は、サイト内のページ数が数万規模になってきた時にチェックするものなので不要です。

また、次の「Excludede Items」では、XML Sitemapに含めないページを指定することができます。

Excludede Items

お問い合わせページや、サンクスページのように、そもそも検索エンジンにインデックスされる必要がないページは、XML Sitemapに含めなくて良いですね。その場合は、”Excluded Pages”の箇所に、固定ページのパーマリンクを挿入しよう。

1−3−3.XML Sitemapをウェブマスターツールから送信

以上の設定を完了すると、XML Sitemapが生成される。生成したサイトマップは、「http://○○○.com/sitemap.xml」で確認することができる。このページをウェブマスターツールを使って、Googleに送信しておくことで、インデックスを早めることができます。

Webmaster tool test

これも忘れずに行っておこう。

これで、All in One SEO Pack を導入した後に行うべき設定は完了。続いて、使い方の説明です

2.All in One SEO Packの使い方

設定が完了すると、「投稿」や「固定ページ」を使ってコンテンツを作る時、編集画面の一番下に、以下のように” All in One SEO Pack ” という項目が追加されます。

post meta-settings

ここでは、一つひとつのページのSEOに関する設定や、OGPの設定を詳細に施すことができる。

2−1.SEO設定の使い方

SEOに関する設定は、以下の図を参考にして欲しい。

meta-settings

基本的には、

  • Title
  • Description
  • Keywords

の3つだけ入力すればOK。

 

参考までに実際の入力例をご紹介しておきます。

meta-settings example

2−2.ソーシャルメディア・タグの設定の使い方

SEOの設定が終わったら、次はソーシャルメディア・タグの設定だ。” Social Settings ” というタブをクリック。

Social Settings tab

すると、ソーシャルメディアで表示するタイトルや文言の設定項目が表示されます。下図の要領で設定しましょう。

Social Settings detail

必須なのは以下の3つ。

  • Title
  • Description
  • Image(もしくは、Custom Image)

ここで設定するタイトルやディスクリプションは、Facebookなどでシェアされた時に表示されるものです。少しでも多くのソーシャルメディアユーザーから興味を持ってもらえそうな文言を設定しよう。

Twitter カードは記事ごとに設定できるので、画像を目立たせたい場合は” Summary Large Image(説明文と大きい画像) “に変更するとよいです。

注:アップロードする画像のサイズに関して
画像のサイズは、横1200px × 縦630px が最もキレイに表示されるサイズです。また、200px × 200px よりも小さい画像だと、適切に表示されないので、最低でもこれより大きいサイズにしておこう。